So-net無料ブログ作成
検索選択
川釣り ブログトップ

平成23年度多摩川のマス解禁 [川釣り]

2011.03.06(Sun)

ことしも、多摩川のマス・ヤマメ等が解禁になりました。

早朝にリリースし、正午解禁

当局が解禁日に出かけるのは4~5年ぶりでしょうか。

念入りな支度をして、いざ出陣。颯爽と自宅を出て自宅からチョット離れた多摩川へ。

川に着くと、顔見知りの地元のメンバーが集まり、釣り談議していました。

足下の川の水面に・・・・・・マスの姿は・・・・見えません。(^_^;)  おかしいな??

遠くで 「いるよ!いるよ!かたまってるよ!」 と声が聞こえてきていました。

午後0時。監視員の 「いいよー!!!」 との大声で解禁

burogu 3.jpg

burogu2.jpg

当局も大漁を期待して竿を出しました。

餌はいくらです。

※ いくらにも生と人工のものがありますが、魚の食いが違います。 当然、生の方が人工のものよりよく食いますね。  一般的には、見分け方が難しいかもしれません。 よく、醤油漬けになっていたり、まん丸でプチプチした感じのものには人工のものが多いですね。食べてみると皮が厚く、舌の上に残ります。生のものは、見た目にしわくちゃなものやつぶれそうなものが混じっています。食べてみると、皮が薄いです。

多摩川は、4月末までに計4回マスの放流があります。

 3/6 解禁日のほか、3/27(日)、4/10(日)、2/29(祝)です。

ちなみに、料金ですが、

   年  券  6000円(要写真

   一日券  4月30日までは2000円(現場売り2500円)

                5月 1 日以降は1500円(現場売り2000円)   

muga burogu.jpg

さあ、釣果は・・・・

時間が経過するに従って、釣り人の移動が始まりました。下方から上がってくる人。川上から下がってくる人・・・・

人それぞれ「どうですか!釣れましたか?」との会話。

答えは・・・・・・「全くだめですね。魚も姿が全く見えないし、あたりが全くありませんね・・・。」 等

  当局も午後5時頃まで、せめて一匹は釣りたい!との思いを抱いて、川を上下に行ったり来たり場所替えをしたのですが、結局は「ボウズ」(ゼロの意味)でした。  

 地元の人たちも、みんながボウズの結果で、「こんな年は始めてだよ!!」と嘆く声も聞こえて来ていました。


川釣り ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。